So-net無料ブログ作成

アンチエイジングダイエットで老化予防 [美容健康の自力改善法]

勝本昌希・監修の“アンチエイジングダイエットDVD”は

フィットネスクリエイター勝本昌希先生が、

30代以降の芸能人やモデルに教えている

ノウハウをベースにしています。


antidiet.jpg


勝本昌希のアンチエイジングダイエット!詳細はコチラ



美肌とダイエットは別物と認識されている方が多いと思いますが、
実は美肌とダイエットはとても密接に関係しています。

つまり、一時しのぎの美容法やダイエット法でなく、
根本からアンチエイジングをすれば、
自然とつややかな髪や美肌、
締まったボディがついてくるのです。

アンチエイジングとは、
肌のシワやシミを取り除く外見の若返りだけでなく、
体の中から若返ることです。

サプリメントや必要な運動、正しいダイエット方法などを知って、
アンチエイジングダイエットな生活に変えましょう。

太っているときのアンチエイジング。

太っているときというのは
(もともと太っていたというのではなく、
太ってしまったという場合を想定しています)、

以前よりも皮下脂肪、内臓脂肪が多くなっている状態です。

さらにコレステロールや血糖値、血圧も
高めになっていることも多いです。

これは見た目ではなく、
体の内部の老化が進んでいることといえます。

つまり、血液の流れが悪くなっている、
糖分を分解するときに出るインスリンの分泌量が多くなって、
体脂肪が増えやすい状態になっている、
腹筋が弱くなって内臓を支えきれなくなってきているなど、
以前よりもさまざまな変化が現れてきています。

この場合、内部の老化の進行を抑えるべく
適度なダイエットをすることが望ましいです。




勝本昌希のアンチエイジングダイエット

アンチエイジングダイエットの三つのキーワードとは?

若返りダイエットプログラム

老化の最大の原因は筋肉の衰えです。

「でも、筋トレはキツイ・・・」

いいえ、筋トレは必要ありません。

AKI流アンチエイジングプログラムで、硬くなっている関節や、
筋肉の動きをほぐし基礎代謝をアップさせます。

痩せやすく太りにくい脂肪燃焼系ボディに仕上げていきます。

さらにアンチエイジングに大切な筋肉のバランスを整え、
怪我や障害を予防し、精神をリラックスさせる効果もアリ。

さらに、部分痩せをして、全身を美しく変えていきます。

小顔
美肩
背中
バスト周り・デコルテ
二の腕スッキリ
おなか痩せ
小尻
ふともも痩せ
ふくらはぎ痩せ
足首痩せ

以上全ての整形!?ボディ変換プログラムを作成しました。

顔の筋肉をリフトアップさせてシワやタルミも改善できますね。

「10キロ痩せて、10歳若返る!」

そのための若返りダイエットプログラムを実践し、
女性らしいメリハリラインでオシャレを楽しむ快感を味わって下さい。

勝本昌希のアンチエイジングダイエット!詳細はコチラ


こんにちは、案内役の高橋 美憂紀(たかはし みゆき)です。


これからご紹介するアンチエイジングダイエットについて、

既に次々と結果を出さされる方が続出しています。



もしかすると、以上で紹介したモニターの方たちは、

元から痩せやすい体質で、
すごく努力した結果だと思われるかもしれませんね。

でも、実はあなたと同じ
「加齢のせいか痩せにくい」「意志が弱い」普通の女性です。



率直に言ってしまえばこれから紹介する・・・


30代以降の女性向きのダイエットに変えた


ただそれだけのことなのです。

つまり、走ったり筋トレしたり一食抜くような
10代・20代向けのダイエットを止めて、

30代以降の「体力が落ちて」「時間が無い」人向けの
ダイエットに変えた。

そして・・・

そんな喜びの声が続出しているのも、

あなたにこれから紹介する
「アンチエイジングダイエット」
があってこそなせるワザだったのです。

私は今までダイエットアドバイザーとして、
たくさんの方の悩みを聞いてきました。

「家事・育児・仕事に疲れて、ダイエットできない」

「太りやすくなりました。5キロ痩せるのは難しい・・・」

「痩せたいけど、体に悪いダイエットはしたくない」


このような苦しみから解放されたらあなたは嬉しいでしょうか?


テレビをつければ情報番組ではダイエットが特集され、

ショッピングチャンネルでは
ダイエット器具やダイエット食品を売っていますね。

あなたも流行のダイエットに挑戦しては、

痩せられずに諦める。

そして、次のダイエットに挑戦する。

そんな繰り返しをしていると思います。

もし、あなたが生涯に一度だけでも、

“あなたにピッタリの痩せる方法”を知れば、

一度痩せるだけでなく、ずっと痩せたままをキープできます。



体重を落とすのも、

部分痩せをして理想体型を手に入れるのも簡単。

またそれだけでなく、高カロリーの好物も、

純粋に“おいしい”と幸せ気分を味わえるんです。

「食べたら太っちゃうよね。」

「後でダイエットしなきゃ・・・」


なんて、後ろめたい気分で食べなくて良いんです。



なぜなら、食べ過ぎて太ってしまっても、

すぐに理想体重まで落とせる“方法”を手に入れたから。

ダイエット食品は食べてしまえば終わりですが、

“アンチエイジングダイエット”を一度でも知れば、

生涯にわたって何度も繰り返し使えます。

今、痩せられる。

今後も、痩せようと思えば痩せられる。

知ってすぐに活用できて、

10年、20年後だってずっと使えるんです。

そして、ダイエットに使うお金や時間をこれで最後にだって出来ます。

逆にこの“30代以降のダイエット”を知らないままでいると、

あなたはこの“アンチエイジングダイエット”を知っている人を横目に、

ダイエットに悩み続けることに・・・

色々なダイエットを試すうちに歳ばかりが重なり、

サイズを気にせず買い物をして思いっきりオシャレしたり、

スリムな体型を褒められる人生を逃してしまいます。


だから、少しでも興味があれば、できるだけ早く

この“アンチエイジングダイエット”を
試していただければと思っています。


勝本昌希のアンチエイジングダイエット!詳細はコチラ










高血圧下げる「福辻式」 福辻鋭記のストレッチ




砂糖と果糖の注意点

砂糖はいまや多くの食品に使われています。

例えばお菓子やジュースを代表とするジャンクフードや、
すき焼き、照り焼きなどのおかずの味付けにも砂糖が使われています。

かなり昔の時代には砂糖などありませんでしたから、
人間は甘いものを食べたいと思ってもすぐにはありつけませんでした。

季節によっては果物が実ったり、
場所によってはさとうきびのような食べ物で甘味を得ることが出来ました。

それゆえに砂糖が出来たときは非常に多くの需要があったようです。

それが現代ではスーパーに行けばいくらでも手に入るようになりました。

さて、この砂糖ですが、どんなデメリットがあるのでしょうか。

まずはよく知られているように、肥満のもとです。

いくらおいしいからといって、ジュースをガブガブ飲むと、
それだけ摂取カロリーが上がります。

さらに砂糖は血糖値を急上昇させますから、
とりすぎるとインスリンによって素早く体脂肪に変換されます。

また砂糖の過剰摂取は免疫力の低下につながります。

夏の暑い時期には甘いジュースは美味しいものです。

だからといって大量に飲むと、夏バテを招いたり、
夏風邪を引きやすくなってしまいます。

他にも、歯周病やmusibaの可能性を高めます。

甘いものを摂ると、歯には歯垢ができます。

甘いものをとる前と摂った後を観察していただければよくわかるでしょう。

この歯垢は歯周病菌が唾液から守られるようにするガードの役割を果たします。

つまり、このガード下では、歯周病が進んだり、虫歯が進んだりしているのです。

歯は一生モノですから、できる限りこういう状況は避けたいものです。

果糖は摂りすぎると中性脂肪としわのもとに!

糖類には他にも果糖があります。

砂糖が果糖とブドウ糖からできているので、砂糖を取ると必然的に果糖も摂ることになるのですが、
この果糖がすぐにエネルギーに変換されなかった場合、血中の中性脂肪が急増します。

つまり肥満への道が開かれた状態になるということです。

このことからも、できる限り砂糖は摂り過ぎないようにすることがよいと言えるでしょう。

また、この果糖がアミノ酸と結合すると、メイラード反応という現象が起きます。

これは例えば、
皮膚のコラーゲンがメイラード反応を起こすと
コラーゲンの老化が起こります。

つまりどういうことか、予想がつきそうですね。

そうです、シワのもととなってしまうということです。

シワといえば肌の保湿力が足りなかったり、
紫外線による影響であったり、加齢による影響であったり
ということが考えられがちですが、
実は砂糖の取りすぎも影響しているのです。

砂糖は調理などに欠かせないものですが、
摂りすぎてしまいがちになる現代においては
十分に気を遣っていきたいものです。



酵素は代謝に大きく関わっている

代謝という言葉をよくききますが、
この代謝には主に次の4つに分けることができます。



1つは新陳代謝です。



この言葉もよくきくでしょう。
これは人間の体の細胞が常に新しいものに入れ替わっていることを指しています。



細胞は兆単位で存在しており、
すべての細胞が新しいものと入れ替わるには2ヶ月から3ヶ月かかります。



ただ、兆単位の細胞を数ヶ月で入れ替えるとなると、
相当なスピードで処理されることとなります。


当然、新陳代謝がわるくなると、すべての細胞が入れ替わるのにも時間がかかります。

2つめはいらないものを外に出すことです。

通常は尿や排便によって毒素を外に出していますが、
これが行われないと一気に体調不良になってしまいます。



尿を一日貯めると死んでしまうということも言われていますし、
便秘が長く続くと肌荒れや腸の機能の低下という形で健康状態が悪くなってしまいます。



また肝臓でも解毒が行われています。



これらの機能が正常にかつ活発に働くことで、
日常生活が普通にできるようになっているということです。





3つめは体を動かしたり、脳を働かせたり、
また無意識に動いている心臓を動かしたりするために必要なエネルギーを作ることです。



よく代謝が悪い=太りやすいということが言われるように、
エネルギーがうまく作られないと体脂肪に回されやすくなります。



また運動をすることで代謝をあげることができますので、
運動を習慣にしている人のほうが代謝は良くなっています。





そして4つめが免疫力とメンテナンスです。



代謝がスムーズに行われていることによって、
人間が持つ免疫力が高い状態に保っていられますし、
激しい運動をしたあとの筋肉痛という炎症も、
メンテナンス機能によって数日後には回復しています。


体内の酵素を活性化させよう


このように代謝には色々な人間の活動に関与しているわけですが、
これを支えているものに酵素があるのです。

つまり、酵素がきちんと働けていないと、代謝の能率も下がってしまうということなのです。

とすると、

この酵素を活性化させるために運動する習慣をつけたり、
逆に酵素の働きを下げてしまうような寝不足であったり、
偏食であったりというのを避けたりすることが代謝の善し悪しに関わってくるということなのです。


勝本昌希のアンチエイジングダイエット!詳細はコチラ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。